燻ぼる(くすぼる)  2018.12.22

皆さま、こんにちは (^-^)
今日は二十四節気の一つ「冬至(とうじ)」、一年で昼が最も短い日です。
この日にゆず湯に入ったり、かぼちゃを食べると風邪を引かないだけでなく、美肌効果もあるそうです。

☆美肌と言えば、
先日美容室に行く前に時間があったので、隣接している市立図書館に寄って婦人雑誌をぱらぱらと見ていましたら
『ミセス』最新号に

40代は自分をほめなさい
50代は挑戦しなさい
60代は美しく生きましょう
70代は毎日を楽しみなさい・・・云々

このページを読んで
なるほどなあ、60代こそ小綺麗な老人と小汚い老人の変わり目か――

これについて、ひそかに思いあたる話があります。
二十年くらい前ですが、高齢者のクリスマスイベントのお世話をしたことがありました。
当日、皆さまが集う会場の扉を開けた瞬間、あれっと違和感を感じました。
集まったお年寄りは女性も男性もクリスマスらしくきちんとした格好をしていますし、
女性はそれなりに薄化粧もしていて ネックレスやブローチ、イヤリングといった装身具で身を飾っています。
それなのに、なんだか全体的に煤(すす)けた感じが漂うのです \(◎o◎)/
どうしてかなあと思いつつ、口には出せず……

すると、
一緒にボランティアに参加した友人も同様に感じたようで
「年を取るにつれて皮膚の色も悪くなるし、生気がしぼむのよ。一人一人見ているとわからないけれど、
集団になるとそのくすぼりが強調されちゃうわけよね」
と、耳元でささやきました。
「くすぼり! その言葉、『言い得て妙』だわ」
「そうでしょ、みんな加齢とともにくすぼるのよ。私たちも日頃から美肌をキープするように心掛けて、
つねに活気を保たないと」

☆いま、私も六十半ばになりくすぼる世代になりました。
できるなら、
いぶし銀みたいなくすぼり方を目指したいと思います (o^-^o)


"燻ぼる(くすぼる)  2018.12.22" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント