KEIKOの「お話の部屋」

アクセスカウンタ

zoom RSS プラド美術館展    2018.9.1 

<<   作成日時 : 2018/09/01 08:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 0

今日から九月スタートというのに、爽やかな朝と言い難く
雷を伴った強い雨音で目がさめました。
皆さま、おはようございます(^−^)

テレビをつけますと「西日本から東日本の広い範囲で大気の状態が非常に不安定になっていて、土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重に警戒が必要です」と言っています。
今日は出掛けないのが一番ですね

☆さて先日、
兵庫県立美術館で開催されている『プラド美術館展 ベラスケスと絵画の栄光』に行って参りました。
期間は6月13日から10月14日までなのですが、急いで行く必要がありました
何故かと言いますと

読売新聞社主催の展覧会チケットだと、販売店に頼めば招待券をもらえること、皆さまご存じでしたか?
(もちろん、読売新聞購読者の家に限りますが)
私も最近まで知らなかったのですが
友人に教えられて、
以来、読売新聞主催の催しの場合なら販売店に電話して届けてもらっています(2枚から4枚程度なら融通が利くみたいです)  今回も持ってきてもらいましたが
なんと! 招待券の有効期限は8月31日まで。それで、急いだ次第です。

☆ベラスケス作品は「王太子バルタサール・カルロス騎馬像」を含めて7点しか来ていませんでしたが、
ベラスケスと同時代にヨーロッパで活躍した巨匠達の作品を堪能できます。

図録の表紙にもなっている「王太子バルタサール・カルロス騎馬像」の前で、ぺたんとその場に座り込んでご覧になっている老婦人がいたのでどうしたのかなと見ていたら、
私の視線に気が付いた彼女がにっこりして「六歳のカルロス王子が乗っている馬の胴部が膨らんで書かれてあるのはこの絵が扉の上部に飾られるので、観る人の仰角の遠近法を熟慮した描き方だからなんですって。
それで、こうして下から観ているの」
と、説明してくれました\(◎o◎)/
へええっ
私も(座り込みはしませんでしたが)腰を低くして鑑賞しました。
なるほどね……

あと、ベラスケスではないですが
ムリーリョ「小鳥のいる聖家族」 私的には心和んでとてもよかったです。
お近くの皆さまは是非、お出かけくださいませ (o^−^o)



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 19
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プラド美術館展    2018.9.1  KEIKOの「お話の部屋」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる