お墓を移転する時  2018.8.1

皆さま、おはようございます  (^-^)
今日から八月、ホント暑い日が続いていますね

朝、新聞を開いたら
「8月1日は歯が命の日」という大きな文字が。
広告ページの細かな文字を読みますと

きょう8月1日は「芸能人は歯が命」のCMで知られるサンギが定めた「歯が命の日」。

業者さんもあの手この手で売り込もうとするものですねえ (@_@)


☆さて、八月といえばお盆。
友人から「お墓が遠いので移転させたいのだけど、先祖代々のお墓を移転させることは凶事を招くことになると聞いているし、どうしたらいいかしらね」と相談を受けました。
高校時代の友人のお母さんが
「お墓を新しい場所に動かした時は高僧に来てもらって読経してもらって『今度からこちらのお墓にお移りください』と言い聞かせてもらわないと、先祖の霊が『どっちに入ったらいいの』と迷って悪いことが起きる」
と話していたことを思い出して その話をしたら
浮かぬ顔で「高僧ねえ。我が家に来てくれているお坊さんじゃいけないの」と、友人。
よくわからぬまま「それでいいんじゃないの」と、私。

「高僧」辞書(コトバンク)によりますと、
1 仏法に通じた徳の高い僧。
2 位の高い僧。

位の高い僧というなら
「大僧正」「中僧正」と呼ばれるクラスのお坊様になるのでしょうけれど
徳の高い僧ということで探すなら
ふだんからお家に来てくれているお坊様でいいかなと思いますが…

皆さまはどう思われますか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック