KEIKOの「お話の部屋」

アクセスカウンタ

zoom RSS 中村八大さん    2009.10.4

<<   作成日時 : 2009/10/04 18:06   >>

かわいい ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 0

☆中村八大さんといえば、知る人ぞ知る 著名なジャズピアニストであり作曲家です。
坂本九さんが歌って大ヒットした「上を向いて歩こう」や、梓みちよさんのレコード大賞受賞曲「こんにちは赤ちゃん」等々、永六輔さんと組んでたくさんの名曲を残しておられます。

何故、いま、ここで中村八大さんかというと

友人の友人が還暦を目前して突然死したそうです。朝起きて、窓辺に行ってカーテンを開けてから振り返って ご主人に「さあ、あなたも起きてくださいよ」と言った途端、くずれるようにその場に倒れたといいます。
「人間って、そんなに呆気なくあの世に逝くものかしらねえ」
納骨が終わった今もまだショックから抜けられないという友人は「今から毎日、少しずつ 自分史をノートに書き残すようにする」と、今後の決意を告げました。

☆彼女のように一冊のノートに綴っていく形の自分史ではないにしても、「この年にこんなことがあった・あの年にあんなことがあった」と年表のような形で書き残そうかなと思い立った私は 先日来、幼い頃のアルバムを引っ張り出してみていたのです。

そうしていますと、中村八大さんが今治でコンサートを催した後に皆で写した記念写真が出てまいりました(縦15センチ横20センチ、もちろん 白黒写真です)

見ているうちに あのときの喧騒、そしてバックの緞帳に縫いつけられた「中村八大」の大きな文字が金色だったことがまざまざと脳裏に浮かんできました。前列中央に中村八大さん その右に一人置いて隣りにちょこんと坐っているのが私です。
一枚の写真から往時がよみがえってきます。

☆五歳か六歳か、とにかく幼稚園に通っていた頃のことです。私が今治市公会堂にいらっしゃった中村八大さんに花束をお渡しすることになりました。
これは後になって思えば、遅く生まれた私のことが可愛くてならなかった父の手配で、
当日、控え室で待っていますと
「お歌の人とピアノの人と、どっちにけいこちゃんは花束を渡したいですか?」と会場の人に聞かれて、
「ピアノを習っているからピアノの人に」
と答えました。もう一人の年長の女の子がどういうお家の人か今となってはわかりませんが、その女の子の親御さんは父の顔を立てて、私に選ばせてくれたのでしょう。

お名前をここで出すのもどうかと思いますが「白塗りおばけ」と揶揄された鈴木その子さんも真っ青の、白塗り化粧をして、でこでこ飾り立てた振袖姿の私はチビで(小学校中学年あたりから身長がぐんと伸びましたが、その頃は標準よりだいぶ低かった)親以外の目には少しも可愛くなかったのでしょうが、父も母も競争のように「きれい。かわいい」と誉めそやしてくれたものでした――親とは実にありがたいものです。

「今から花束の贈呈があります。たんげけいこちゃんです、さあどうぞ」
アナウンスを受けて、母が「転ばないように落ち着いて、練習したとおりに」と背中を軽く押すのを合図に、しずしずと舞台に登場します。中央で待ち構える中村八大さんに手渡して一礼して帰るという段取りでした。
スポットライトの中、ぶじに渡してお辞儀をして くるりと背中を向けて袖で待つ母のもとへと急いだとき、周囲からどよめきがおきました。
私には何のことやら分かりません。

(練習したとおりに出来た)
やれやれと舞台の袖で待っている母のところに戻ると、母が苦笑して「けいこちゃんは慌てんぼうだよね」と呆れています。

なんと有難いことに中村八大さんは私から花束を受け取った後、握手の手を差し伸べてくれたのでした。しかし、私は練習したとおり「手渡す・一礼する・戻る」をやり遂げて、安堵してそのまま背中を向けて戻ってきたので中村八大さんは握手をすっぽかされた形になってしまい、周囲がどよめいたのでした (*'o'*)


☆その後、母が他界して(中学一年時)、
感傷的になった私は写真の入るロケットペンダントを購入して肌身はなさず持つことを思い立ちました。ところがそのロケットに入る大きさの母の写真が見当たらず、あれこれアルバムをたぐっているうちに 上記の中村八大さんと一緒に納まった集合写真に載っている母の顔の部分がロケットにきちんとはまるサイズと気付きました。

今なら写真屋に持っていってコピーしてもらって、コピーのほうにハサミを入れる知恵はありますが、当時はそんなことを思いも付かず いとも簡単にハサミを入れてしまったのでした。そして、歳月が流れるうちに、私は大事なそのロケットをどこかにやってしまいました。まことに慙愧に耐えません。

☆今回、改めてこの集合写真を額に入れて終生大事にしまっておくことにしましたが、
気になるので愛媛新聞社に電話してアーカイブとして当時の写真が残っていないかと聞いてみました。

「私が幼稚園に通っていた頃ですから、昭和三十四年か三十五年くらいのことだと思うのですけど……」
「そんな昔のことは分かりません」
あっさり断られて、がっかりしています。

あの当時の写真をお持ちの人がいたら、是非ともご連絡ください。よろしくお願いいたします m(_ _)m

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
驚いた
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中村八大さん    2009.10.4 KEIKOの「お話の部屋」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる